一般家庭エアコンを取り付ける手順     {店の場所地図}

1、無資格者によるエアコン工事の電気的な工事ミスが多発し 電気工事士の資格が必要と国土交通省からの通達が出ています

@内機を取り付ける再、かならず、外機への電源線を取り付ける。

後からでは、大変やりずらい、事もあります。

A内機と外機の冷媒配管を接続する

B内機と外機の冷媒配管の漏れを検査する、窒素耐圧検査、テナントは、必ず窒素耐圧検査、を行っております

{最近のエアコンはガスの補充ができない、もし漏れが生じた再は、エアコンに残っている冷媒ガスを回収し、既定のガスを注入することになる}
もしガスが漏れて、5年ほどたち、ガス漏れに気が付いた、時の損害は、{電気料金、ガスが少ない分長い時間運転する}

(壊れたと言われて新しいエアコンに交換を進められる){直す事にすると、新しいものを買うほど料金が)

{内機と外機の冷媒配管の漏れを検査必ずお願いする、窒素耐圧検査、もしできないと言われたら考えたほうが良い}

C外機に電源を取り付ける

D冷媒管の真空引きを行う

E電源を入れて、運転を行う

F念のためガス漏れ検査機でガス漏れチェックをする

G冷媒管保護をし、完了

免許証

@電気工事は、電気の免許証が必要です、コンセントなどの簡単な工事でも

Aエアコンの中のガスを回収する時もガス回収の免許必要

B」エアコンのガスを入れる時も免許必要